* 新ルール編 パート3

皆さんこんにちは。今日の大雨を見込んで、昨日グリーンの芝刈りと肥料まきをしました。

早朝2時間肥料まき、1時間本業、2時間芝刈り(自走式)、72ホールお客様とプレー、その後2時間芝刈り、計30,000歩。スーパーマンかも?と思いつつ、雨のたびに良くなる芝に、うれしくなってきます。でも、他店に比べると、まだまだなので孤軍奮闘します。

 

さて、新ルールになって4度大会を開催しましたが、ライの改善と2度打ちは、難しいですね。試合前に説明をして来ましたが、しっかり守ってる方もいますが、全然気にしないプレイヤーの方が多いと思われます。先日の試合でも、はっきり2度打ちの方が同組にいましたが、本人が堂々と4と言ったので、誰も指摘できずスルーしました。ダメですよね、言わなきゃ。でも、当店の様に、集客の少ない店の立場では、今年ここ2回目という方には、言えません。又、3日前ですが、私も3人でプレーをしていて、2度打ちをプレー後に指摘されました。私には、感覚がなかったので、もう1人に聞いたのですが、2度打ちではないですよ。この時は、ラフの中のタイヤ(直径30)の跡地のくぼみにボールが止まり、それも、進行方向と逆のラフ側にあってため、ラフごと打ちました。ほぼ空振りで、ボールは10冂前へ動いたが、タイヤの跡地の中のまま。ボー然としていて、2度打ちかどうかわからなかった。ボールの手前の15儻くらいの芝は打ったが、ボールには当たってないと思う。当たればころころと10僂世影阿ないと思うのですが、結局後で2打追加しました(個人的に)。これって難しいですよね。結局、気弱な私は、夜眠れませんでした。

又、昨日お客様から、ネットをまたいでボールを打っても、違反ではないと聞いたけど本当ですか?と言われ、ルールブックを確認しました。「ネットを挟んでボールを打つとペナルティ」と書いてある。「挟む」とは、何かを間に置いて相対すると、辞書に書いてある。という事は、ボールとプレイヤーの間にネットがある事は、ネットを挟んでいる事であり、跨いではいけないと思うのですが、これは、どういう意味なのでしょうか?いろいろな解釈があるので、今度指導員の方に教えて頂きたいと思います。日本語は難しい。でも、やっぱり2度打ちとライの改善は、フェアではないと思います。

では、また。

 

吉良PG 加藤

 

2020.06.30 Tuesday * 14:00 | - | comments(0) | -
Comment









<< 第3回家康カップ 初日 | main |